皆でつくる 地域リゾート  
                                           
リゾートとは、何度も訪れたくなる場所である
そんな保養地は、自然で優しい心を育むところでありたい   
   NPO法人壱岐活性会
 
壱岐の景勝と壱岐牛の写真
 空飛ぶ船 壱岐牧場   壱岐の情報 壱岐牛 
リゾートとは?  保養地願い  スライドショー  サイトマップ 
国民の健康を司る保養地に相応しい景勝海の浸透度は類を見ない日本水浴八十八選の筒城浜
欧米ではリゾートの為に、1年を働くと言われております。 
最近日本でもスローライフを求めた、健全なリゾートが好まれる傾向にあります。
 
 観光とは見て回ること、リゾートは余暇を過ごす場所とされております。
すなわち、リゾートとは地域造りなのです。
 地域造りは行政無しでは出来ませんが、行政は施主には成れないのです。
 
しかし施主である民には、ハード事業は不可能なのです。
 その為にリゾートも地方創生も、かけ声だけと成っているのです。
 
 竹下内閣の1億円創生事業は、地方自治体も民も如何に夢とビジョンがないかを証明しました。
 その解决方法は、ビジョンがあろうがなかろうが、公募や、直訴を受け入れる事から始めるべきです。
 
リゾート法も地方創生も地方自治体でなく、地方自治体に住民からの公募を促すべきです。
 すでに民は置き去りにされた状態では、公僕は終わり民主主義が崩壊しているのです。
地方に於いては三権分立は存在しない別世界になっているのです。
リゾート法以前から訴え続けている国民の健康を司る保養地をは、たらい回しで受場がありません。
国民の健康を守る、大義名分が通らないのは不思議でなりません。
この願いを反逆と思われるとすれば、民主主義は合法的独裁政治に逆戻りしているのです。
 
  発信  グルメ宿・タラソ温泉  壱岐牧場